スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英断

回線が遅いと
毎日がマジでつまらない…
 
とりあえずバザー放置しつつ
ニュース記事を読み漁ったり
漫画読んだりDSで別ゲーを
やってみたり…
 
すると
個人的に大きなニュースが…
 
三橋貴明氏
参院選不出馬…
 
 
勝手ながら抜粋
 
 今年7月に予定されている参議院選挙について、わたくしは一度負けた身でありながら、大変ありがたいことに自由民主党から「再チャレンジ」を打診されておりました。光栄なことに、わたくし以上に多忙な身であることは間違いない総理ご自身から、打診のお電話を頂戴いたしました。

 その後、様々な方々(主に政治家の皆様)にご相談申し上げ、再チャレンジするべきかどうか、悩みに悩んだわけでございますが、今回は見送らせて頂くという決断を致しました。

 理由は、全ての政治家の方々、政府関係者の皆様が、口をそろえたように、
「初めて参議院議員になった場合、最初の一、二年間は「慣れる」ことに多忙となり、発言がほとんどできなくなってしまう。活躍できるのは、早くても二年後くらいである」
 と仰ったためです。(実際そうなのでしょう)

 もちろん、何しろ「国会」に出席しなければならなくなるため、勉強に十分な時間を割くことができなくなり(実際、国会議員の皆様は不勉強でございます)、現在のクォリティで著作やブログを書き続けることはできなくなります。さらに、現在のように講演に伺うこともできなくなります。結果、すでに講演に呼んで頂いている方々(100を超える団体の皆様)にも不義理をすることになります。

 また、政府にいる、あるいは政府に入ったわたくしの友人の皆様について、
「最近、あまり発言しないなあ・・・・。テレビ出てくれないかなあ」
 などと思われたりはしていないでしょうか。政府関係者は一般人とは違い、発言がある程度は制限されざるを得ません。これは「言論統制」といった話ではなく、「発言の影響が大きすぎる」政府としては当然のことです。(やたら閣内不一致な発言をしていた民主党が異常だったのです)

 国会議員にしても、当然、ある程度は発言に制約が出ます。(西田先生にしても、発言にはかなり気を使っていらっしゃるのですよ。)

 わたくしとしては、特に「今年後半」の発言力が少しでも落ちることは、とにかく何としてでも避けたいのです。理由は、大きなもので二つあります。

 一つ目は、言うまでもなく消費税の増税問題です。

 10月に「ときの政権」(安倍政権でしょうが)が来年4月の消費税増税を、今四半期の経済状況を見て判断することになりますが、財務省やマスコミはGDPデフレータがマイナス(恐らく今四半期もマイナス)の状況でありながら、
「実質GDPが成長している! 消費税増税!」
 とやってくる可能性が濃厚です。彼らと「言論」で戦わなければならないわけです。

 そして、二つ目はこちら。

『TPP会合、日本初交渉は最長3日間 次回7月開催 日程を1日延長
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2503C_V20C13A5MM0000/
 ペルーの首都リマで開かれていた環太平洋経済連携協定(TPP)の第17回交渉会合は24日、マレーシアで開く次回会合の日程を7月15~25日とすることで合意して閉幕した。日本は同月23日午後にも合流し、最長で3日間の議論に加わる。米国など交渉参加11カ国は初参加となる日本に配慮、会合の最終日を1日延長した。日本は限られた時間で成果を引き出すため、情報収集と体制整備を急ぐ。 (後略)』

 日経新聞は「最長で3日間の議論に加わる」などと書いていますが、現実は違います。何しろ、日本の交渉チームは7月23日に「初めて」情報を公開してもらう、具体的に書くと、900頁を超えると言われる合意文書や、数千ページのアメンドメントを渡されることになるのです。書類を交渉チームが読み込んでいる間に、7月の交渉は終わるでしょう。

 すなわち、日本の交渉参加は、9月ワンチャンスということになります。(現時点でTPPは、7月、9月交渉、APECで大筋合意、年内妥結というスケジュールになっています)

 問題なのは、7月に書類を受け取った交渉チーム、あるいは外務省、経済産業省が、現在の合意内容等について国民にディスクローズするか否か、です。わたくしは、しないと思います(アメリカなどはしていません)。米韓FTAのときの韓国が、まさにこのパターンでした。

 とはいえ、当然の話として国会議員は合意内容の開示を求めるでしょうし、TPP反対派官僚からのリークも出てくるでしょう。その時期に、わたくしは「フリーハンド」を持ち続け、全てのチャネルで情報公開の要求と拡散に努めたいと考えているわけでございます。

 その「場」を想像した時、慣れない国会であたふたする新米議員と、現在の三橋貴明を比べたとき、どちらが「日本の国民経済の健全な発展」のために貢献できるのか。

 というわけで、悩みぬいた末に今回は見送らせて頂くという結論に至りました。もちろん、消費税やTPPだけではなく、産業競争力会議などの「民間議員」が主導する構造改革路線に対しても反対しなければなりません。

 皆様は、今回のわたくしの結論をどのようにご評価いただけるでしょうか。もちろん、今年の参議院選挙(何しろ、ネット選挙解禁)で何もしないというわけではなく、わたくし以上に「日本国」のために真摯に活動されておられ、尊敬申し上げるある方を「全国比例」において全面的に支援させて頂くつもりでございます(近々、オープンにします)。

 本当に、本当に苦渋の決断でございました。
「ネット選挙第一回で、三橋が出馬しなくていいのだろうか・・・・?」
 と、毎日、悩み続けました。
 
 
抜粋終わり

 
 
残念な気持ちが無いでもないが
一新米議員として消費増税や
TPPに反対するより
 
民間の一有力者として
反対論を唱えるほうが
確かに効果あるな~
 
特にこの方は
抽象論大嫌いで
絶対といっていいほど
データに基づく論理的な意見を
言う方だし…
 
3年前の参院選時と比べて
TV出演などが増えた分
知名度も上がってきた
 
仮に出馬したとしても
問題なく当選するでしょうけど
発言の影響力が落ちるなら
むしろ在野から
消費増税やTPPのデメリットを主張し
尚且つアンチテーゼを
提唱するほうが効果ありそう
 
兎に角、
ご無理をなさらず
何年か先の参議院
又は衆議院で
当選してほしいですね
 
この方は最近休もうとされませんから
 
そして、この英断が
日本国民にとって
よりよい形で報われんことを
切に願う
 
 
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

暗闇の中に光を見出すのが政治家だろ

選挙が終わった。

三橋貴明氏は残念ながら落選ということになった。
だが、三橋氏を支持していくことに変わりはない。


三橋氏ならびに後援会の方々へ

まずはお疲れ様です
残念な結果に終わりましたが、
どうか悲観しないでいただきたい。

この情勢だと、9月の衆議院解散が
十分ありえます。そのとき、
衆議院から立候補していただきたい。
小選挙区の落下傘候補としては不本意かもしれないが、
三橋貴明という人物は日本再生に不可欠な人材と心の底から思っている。

三橋氏、逆境の中だが、
暗闇の中で灯火となるのが政治家だ。
前進して貰いたい。麻生太郎議員でさえ、
落選経験があるではないか。

折れることなく、
また立候補していただきたい。
及ばずながら、
草の根活動で貴方を喧伝させていただく。

それにしても
谷亮子・輿石東・福島みずほ・蓮舫、
こんな低俗な輩が当選して、
三橋氏のように日本の国益を最重視する
国士が落選する現実は、正直嘆かわしい。


↓ブログランキング参加中~

 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

期日前投票に行って常に思うこと

期日前投票を済ませてきた。


もちろん
三橋貴明氏に
1票投じさせてもらった



だが、選挙が近づく度に思うが、

なぜ、芸能界やスポーツ界の醜聞が選挙の時期に合わせて都合よく明るみに出るのだろう?

そして、

蓮舫
http://www.yamatopress.com/c/1/1/2718

有田芳生

などが、
堂々と公職選挙法に違反することをやっていながら、何故マスゴミは報道しないのだろう?

ソースはこちら
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1673739

そして、
何故投票用紙に鉛筆で書き込まなければならないのだろう?
堂々と公職選挙法を侵している輩がいるのであれば、
鉛筆書きなど簡単に消して書きなおせるではないか。
一部の世論によって追い詰められている売国民主たちが
選管にそういった裏工作を絶対にやらないと断言できない状況なのだ。

とにかく、クリーンな選挙のもと、
日本という国の国益のために
活動できる議員が数多く誕生することを
切に願う

イラ菅率いる民主と朝鮮政党の社民など
一発レッド永久退場でよし。



↓ブログランキング参加中~

 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

こういう事が起こると、余計に闘志が湧いてくる

馬鹿はどこにでも沸いてくる

自民から参院選出馬カリスマ作家
「2ちゃんねる」に殺害予告
4月1日19時42分配信 J-CASTニュース


「2ちゃん」に書かれた殺害予告
 今夏の参院選比例代表に自民党から立候補する作家の三橋貴明さん(40)に対し、掲示板「2ちゃんねる」に殺害予告が何度も書き込まれた。三橋さんは「2ちゃん」が発掘したともいえる作家で、自身のブログでその事実を認め「不自由な生活が始まります」としている。

 「三橋貴明を殺します 確実に殺します 必ずやります」「三橋殺すぞ!」。そんなカキコミが「2ちゃん」に書き込まれたのは2010年3月31日午後6時頃から。「パンツ」と名乗る人物で、以前、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんの殺害予告をした人物と同じハンドルネームだった。

ネットが発掘した、才能ある代表的人物

三橋さんは10年4月1日付けのブログで殺害予告があったことを読者に報告した。前日の夜は遅くまで練馬警察署にいたとし、
「自宅や秋葉原事務所までもが警察の警備対象になってしまいました。今後、7月までフラフラと一人で行動することを禁じられてしまいました。 不自由な日々が始まります」
と書いた。

 三橋さんの後援会事務所によれば、「2ちゃん」に自民党から立候補するという内容のスレが立った後、三橋さんを批判するコメントが書き込まれた。三橋さんが在日への参政権付与に反対していることや、コスプレパーティーの開催を批判するものらしく、いきなり「三橋殺すぞ!」という文字が出た。 

 三橋さんは今回の出馬にあたり、デフレ経済の解消、必要な公共事業の復活、「闇法案」の廃案を政治目標に掲げている。「闇法案」とは、外国人参政権、人権侵害救済法などを指す。

 三橋さんは06年頃から「2ちゃんねる」や「Yahoo!掲示板」などに世界経済、特に韓国や中国に関するカキコミを匿名で行ってきた。文章がわかりやすく、問題部分を的確に突いている、などと評判になった。匿名ではなく自身のハンドルネームを使って書いて欲しいという要望も出た。

 ハンドルネームは「三つ子の赤字神(みつごのあかじがみ)」。三橋さんが「本を出したい」と「2ちゃん」内で書き込むと、大勢のファンが協力。そして「本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖」が2007年6月に出版された。以後、経済に関する単行本を十数冊出版している。

 ITジャーナリストの井上トシユキさんは、

  「三橋さんはネットが発掘した、才能ある代表的人物」

と評価する。特に「2ちゃん」で喝采を浴びたのが、「ソニーを韓国のサムソンが抜こうとしている」「日本は中国・韓国に比べ勢いがない」というマスコミ報道に対し、「そんなことはない」とデータを用いて反論したこと。経済通のファンも多い。

■コスプレパーティーで選挙に行こうと呼び掛け

 政界に進出すると表明したのは09年8月31日付けのブログ。麻生太郎元首相の経済対策はよかったにもかかわらず、国民はマスメディアに乗せられ、正しい情報を得ることなく民主党に投票してしまった。その結果、外国人参政権や人権侵害救済法などが法案化されてしまった、という論理だ。

「憲法違反、かつ後戻りが困難な法案成立だけは、
何としても防がなければなりません」

と立候補の理由を説明している。

 後援会事務所によれば、2010年4月3日に東京秋葉原で「コスプレ政治資金パーティーを」開く。参加費は5000円。会場は100人収容だが既に70%程埋まっているという。

「今回のパーティーは若い人、特に20代の有権者に対し選挙に行こう、と呼び掛けるのが趣旨。コスプレにしたのは、有権者が参加しやすい場を提供するためです。『若い人が選挙に行けなければ自分達の要望が通らない』ということを訴えます」

殺害予告があった影響で、会場には警察の警備が付くという



三橋氏を否定するのは別に個人の自由だ。
俺だって、民主の売国奴共を認めていない。
だが、俺は、
民主の売国奴共に刑務所に行けと罵る事はあっても、
殺害まで考えたことはない。
法治国家、まして国民が選んだ為政者である以上、
国民自身が剣ではなくペンと言論で非道を正さねばならないからだ。

殺害予告は立派な犯罪行為だ。
俺も小沢や鳩山や、殺害予告をした馬鹿は憎たらしいが、
あくまで主義主張と言論で戦いたい。

三橋氏
殺害予告やサイバー攻撃にさらされているということは、
貴方が、売国勢力にとって脅威である証左だ。
貴方を支える人たちは私以外にも数多いる。
負けるな!
俺は必ずあんたに投票するからな!!


↓ブログランキング参加中~

 
 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

祭りだ~~!

すごいことになったw

三橋氏のブログより

ツイッターでは一部、流れていたようですが、
麻生太郎総理(首相経験者への敬称は、常に「総理」)
の三橋貴明ご支援が、正式に決定致しました。


マスゴミ
(すなわち中国・朝鮮を筆頭とする反日勢力)
の敵(笑)麻生閣下が三橋氏支援!!

しかし考えてみれば頷ける話である。

外国人参政権をはじめとする民主党闇法案に反対
経済面での対策は、不況のときは財政出動を

思想や政策が似通っているのだから、
支援は自然な流れか

それにしても、もう既に
wktkが止まらねぇ~


↓ブログランキング参加中~

 
 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

いつか父親になったとき、俺もこう言いたい

脱税総理が公邸入居費用を過少申告してたそうだな。
もうこの手のスキャンダルにはいい加減飽きた。
さっさと解散して選挙やり直せ、そしてブタ箱へ行け

そして、日本の文化伝統を護りつつ他国と交流しようという、ごくまともな思考を持った保守を再生しよう。三橋氏の動画があったので、転載。
 




 皆さん、こんばんは。三橋貴明です。本日は、お忙しい中、三橋貴明後援会、発足記念パーティにお越し頂き、まことにありがとうございます。
 まず始めに、わたくしが政治活動を開始し、自由民主党の、公認を得るに至った動機について、お話したいと思います。
 昨今、政治の世界やマスコミにおいて、何らかの問題を、センセーショナルに騒ぎ、誰か別の人を「悪者」に仕立て上げ、自らの目的や、政治的な意図を、達成しようとする動きが目立っています。

 まるで「魔女狩り」です。皆さんも、お心当たりのことが、いくつもあるかと存じます。 


「政治家のせいだ!」
「官僚のせいだ!」
「社会のせいだ!」


 このように、最近はひたすら問題を「他人のせい」にする動きが、目につきます。これはもちろん、マスコミ報道もそうなのですが、それ以上に、国家の管理を国民から委任された、政治家の間でさえ、この「他人のせいにする」という傾向が増えてきているように思えます。
 現在、民主党は政権与党として、体制側にあります。すなわち、国家権力を行使する側に立っているわけです。それにも関わらず、民主党は国会という場において、


「それは自民党のせいだ!」
「それは検察が悪いのだ!」


 などと、やはり問題を「他人のせい」にすることを、繰り返しています。他人に責任を押しつけることで、民主党は、問題から目をそらそうとしているようにすら見えます。


 とはいえ、日本社会が抱える問題とは、結局のところ、わたくしたち「日本国民」の問題なのです。本来は、誰のせいにもできない話です。
 なぜならば、日本国の主権を持っているのは、わたくしたち日本国民自身なのです。同時に、未来の日本人に対して、責任を取らねばならないのは、わたくしたち日本国民以外、存在しないのです。
 今後、もしも日本が取り返しのつかないような状況に至ったとき、わたくしたちは、今度はこう言うのでしょうか 

「民主党のせいだ!」
「マスコミのせいだ!」
「自民党がだらしなかったからだ!」

 それは、違うでしょう。

 日本が真実、取り返しがつかない状況に至ったのだとすれば、それは間違いなく、わたくしたち日本国民、ひとりひとりの「せい」なのです。

 私事で恐縮ですが、わたくしには一人、八歳になる娘がいます。小学二年生です。親ばか承知で言わせてもらえれば、たぐいまれなる、美少女です。
 十年後。彼女が十八歳になったとき、果たして日本は、どのような姿をとっているでしょうか。これまで同様におだやかで、多様な文化や、豊かな自然に囲まれ、誰もが繁栄を謳歌する、平和で安全な日本のままで、いられるでしょうか。
 あるいは、閉塞感に溢れ、犯罪が増え、危険で、貧しい国に落ちぶれているのでしょうか。それは結局、今後のわたくし達の、行動いかんにかかっているわけです。

 わたくしたちの、今後の選択や行動によって、日本の未来は、大きく変わってしまいます。
 十年後、十八歳になったわたくしの娘に、わたくしはこう言って欲しいのです。


「お父さん。どうして日本はこんなに素敵で、楽しい国なの?」

 その質問を受けたとき、堂々と、

「それは、あのとき、ボクたちが、頑張ったおかげだよ」

 そう、彼女の前で宣言したいんです。

 そのために、わたくし三橋貴明は、今後、力の限り、力の限り、頑張らせていただく所存でございます。皆さまの一層のご指導、ご鞭撻のほど、なにとぞ、よろしくお願いいたします。

 本日はまことに、ありがとうございました。


子煩悩だね^^
でも、俺もいつか妻帯したとき、そう胸を張って言える父親でありたいと思う。


↓ブログランキング参加中~

 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

当たり前のことを思い出す

三橋貴明氏の応援ブログが開設されています

三橋貴明後援会

政策より拝借

現在、民主党政権はマニフェストにも掲載されていなかった外国人参政権や夫婦別姓を成立させるべく、強力な推進運動を展開しています。また、部落解放同盟の主張をそのまま受け入れた人権侵害救済法案についても、成立への動きを見せ始めています。

これらのいわゆる「闇法案」は、日本の「国の形」を根底から揺るがす可能性が高い法律です。そのような法律が、ほとんど国民の間に周知されず、一部の政治家たちにより「こっそりと」成立させられようとしている状況に、大変危惧を覚えます。

09年8月の総選挙において、民主党は小選挙区において約3348万票「しか」獲得していません。すなわち、約7000万人の有権者は、民主党に投票しなかったのです。また、民主党に投票した3348万人の有権者にしても、果たして「外国人参政権」や「人権侵害救済法案」、それに「夫婦別姓」に賛成して投票したのでしょうか。

民主党が外国人参政権などの政策を、わざわざマニフェストから外したのは、まさしく総選挙において有権者から反発を受けるのを回避するためでしょう。それが政権を取った途端に、全党を挙げて外国人参政権成立に邁進するなど、率直に言って詐欺としか表現のしようがありません。

そもそも、外国人参政権など、まともにマスコミが報道すれば、成立する可能性がゼロになるタイプの法律です。「国の形」を変える法律について、詳しく報道しようとしないマスコミの罪は限りなく重いと断言できます。

三橋貴明は日本の形を変える闇法案に断固反対し、各法律の問題点に関する日本国民への周知徹底に全力を尽くします。
 

やんわりとした表現だが、実際のところ国家消滅法案であり、日本人として、断固として反対である。
参政権が欲しければ、
帰化すれば言いだけの話。在日韓国人にいたっては、韓国と日本で二重の参政権が生まれるじゃねぇか
人権侵害救済法は
言論の自由を封じ、誹謗中傷や密告が横行する。
夫婦別性…ナニソレ?
韓国みたいに文化として根付いているならともかく、何で別性名乗る必要があるの?家族の繋がりはどうでもいいのか?


「皆さんは日本が好きですか?」

大好きです!
今度は嘘じゃないッス!
byスラムダンクw


当たり前のことだ。
日本くらいだぜ、
女性が夜一人歩きしても平気な国は…
その国を転覆させようとする売国奴たちを
許せないのは日本人なら当たり前の反応だろ


皆さんは、崩落寸前にも関わらず、公共投資削減の影響でメンテナンスができず、通行禁止になっている橋梁が、日本国内に121基もあることを知っていますか? あるいは損傷がひどく、橋の寿命(およそ五十年)に至っていないにも関わらず、大型車の通行が禁止されている橋が、国内に680基もあることを知っていますか?

わずか6年後の2016年に、橋の寿命である五十年を経過した橋が3万基に達することを知っていますか? 橋が通れなくなるということは、「橋の向こう側に行けなくなる、住めなくなる」ということを意味しています。

あるいは、5年後の2015年に、建設50年を経過したトンネルが4万7295にも達するという事実を知っていますか。トンネルの寿命も、橋梁とほぼ同じ五十年です。わずか五年後には、日本国内の五万近いトンネルの「向こう側に住めなくなる」という事態が待ち受けている可能性があるのです。

さらに言えば、公共投資の削減が行き過ぎ、地方の多くで学校のメンテナンスが不可能になっている事実を知っていますか? 地震などの災害の際に指定された避難所は、通常は学校です。しかし、今やその学校の体育館が危なくなっているのです。使用するには危険な状態に至った体育館も、公共投資削減の余波を受け、修理もできない状況になっています。


この方の主張は本当に分かりやすいのがいい。

公共事業=悪と決め付ける輩が多いが、
大きな間違いであることが、小学生でも分かるな。

財政出動の一環で、
こういったメンテナンスを公共事業として企業に委託すれば、
交通面での安全確保・流通の安定
マネーの経済循環発生
雇用の拡大が可能
寝ぼけた頭でも効果がおぼろげに見えてくる

三橋氏の当選を切に願う


↓ブログランキング参加中~



テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

インターネットユーザー代表として

三つ子の赤字神こと
三橋貴明氏の動画です。




自民党の党大会より





田母神閣下も三橋氏の後に出てきます。三橋氏の演説は趣旨が非常に分かりやすい。
 
是非視聴を

私は今日の時点で余程のことがあったとしても、三橋氏に票を投じるでしょう。ですが私は、皆さんに参院選で三橋氏への投票を強制するつもりはありません。しかし先の衆議院選挙では、投票率は結局7割程度の有権者しか投票していない計算になります。そこで、まず、必ず投票に行きましょう。そして必ず有効票を投じましょう。それだけでも、民主党よりも数多く、外国人参政権法案を国会に提出してきたどこかの宗教政党の候補者が落選しやすくなる。日本を健全な国家に再生させるための第一歩は、誰にでも出来る、「投票に行く」こと。


そうだ!選挙に行こう!!という方は
クリックしてねwww

 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

共に渡ろう、ルビコン河を…

 

 
 
当ブログのリンクにあります、「新世紀のビックブラザーへ」管理人にして、マスゴミ曰く、経済評論家の三橋貴明氏が、参院選において自民党より出馬されることを表明されました。

ご本人のブログより

評論家とは呼ばれているものの、「マスゴミ崩壊!」など日本の新聞やテレビを批判する本を書いたため、大マスコミに呼ばれる可能性は限りなくゼロに近い
◇属性:10年1月現在、人気ブログランキング「政治部門」「ニュース部門」で二冠状態にある「新世紀のビッグブラザーへ blog」管理人。
 2ちゃんねらーにしてニコ動ユーザー、「日本のポップカルチャーに理解がある人」とかではなく、ワンピやハンタ、エヴァやハルヒやけいおん、それにドラクエやWii系が大好きな、ガチオタ
 数字ではなく「印象ベース」でミスリードを繰り返す、メディアや評論家たちが大嫌い
 外国人参政権や人権侵害救済法など、日本の伝統や文化を破壊する法案には心底から反対。この種の法案の危険性を、日本国民に知らせようとしないメディアを許せない


三橋氏の著書である、
「本当はヤバイ韓国経済」、「高校生でもわかる日本経済のすごさ」、「マスゴミ崩壊~さらばレガシーメディア~」等をご一読された方であれば、
汚沢が擁立しようとしている元体操選手の池谷たちよりも遥かに政治家としての能力に富んでいることは言うまでもないだろう。
またまた氏のブログより

共和制末期の古代ローマでは、軍団を率いた司令官はルビコン川を越えて南下することは許されませんでした。それはすなわち、共和国に対する反逆としてみなされてしまったのです。
 元老院との対立の末に、「元老院最終勧告」という切り札を切られたユリウス・カエサルは、紀元前49年1月12日にルビコン川を渡りました。後戻りができない道を、歩み始めたのです。
 
 三橋貴明も、本日、ルビコン川を渡ります。

 皆さんは、どうされますか。


俺もルビコン河を渡るか…
参院選で投票する候補者はこれで決まった。
一般人からネトウヨと呼ばれようが、低能な左翼から脅迫されようが、知ったことではない。俺は日本が好きなんだ。日本を護るために、武器なき戦いを続けていく。
夭折された中川昭一氏の遺志を、自分なりのやり方で継いでいきたい。

↓ブログランキング参加中~

 
 

テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

オーフェルアイス

Author:オーフェルアイス
Astraiosサーバで細々と活動するネデ人、オーフェルアイスの日記です。いろいろ不定期に更新中

ランキング参加中です。
ポチっとよろしくw
 

 
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームスが使用許諾を行ったものです。

FC2カウンター
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。